いぬはぐ

一般的なドッグフードと、ナチュラルドッグフード「いぬはぐ」は原材料にも大きな違いがあります。
愛犬に与えるフードに何が含まれているのか、避けるべき材料はないのかを知ることは飼い主の役目とも言えるでしょう。

スーパーやペットショップなどで販売されている一般的なドッグフードは、販売メーカーも種類も豊富です。なくなったらすぐに購入できるうえ、価格も比較的安価なため普段から購入している人も多いでしょう。

これらのフードの多くは、主原料がトウモロコシや小麦などの穀類となっています。ドッグフードと言えば肉を使っているイメージですが、最も多く使われているのは穀物と考えて良いでしょう。

これにチキンやビーフなどの肉類を加えることで、肉の風味が感じられるようになっています。また多くのドッグフードに着色料や保存料、香料などが使用されています。

ナチュラルドッグフード「いぬはぐ」は市販されておらず、通販が主な購入方法となるため手軽に購入できるとは言いづらいのが事実です。

また一般的なドッグフードより高価なものが多いものの、その理由は原材料を見れば納得できるはずです。

主原料となっているのはアレルギーになりにくいとされるラム生肉で、原材料の半量以上を占めています。小麦やトウモロコシなどでアレルギーが起きたり、消化不良を起こしたりする犬は少なくありません。

玄米や大麦などの穀類は含まれていますが、アレルゲンになりにくくビタミン補給に役立ちます。
無添加にもこだわっているため、不要な成分を愛犬に摂取させる心配もありません。

二種類に分けられるドッグフードは原材料が大きく異なり、それが価格にも反映されています。費用面を考えると安価な方が良いという人もいますが、原材料の違いは犬の健康にも影響を与える一因にもなります。

アレルギーや消化不良などは、すぐに症状が現れるのでフードを考え直すきっかけの一つです。
しかしそれだけでなく、添加物が体内に蓄積されることで起こる健康被害についても考えるべきでしょう。
愛犬の体調に変化があった時、ドッグフードを変える人は少なくありませんが原料にまで気を使っているでしょうか。

元気で長生きしてもらいたいと思うのであれば、価格だけでなく何が使われているかにこだわることも大事です。

安価な原料を使った一般的なドッグフードが、すぐに健康被害を及ぼすわけではありません。
ただし、長い目で見て愛犬に必要なのはどちらなのか、きちんと考える必要があるでしょう。

いぬはぐのを愛犬に食べさせてみた結果を見てみる